So-net無料ブログ作成

古代ギリシャ展&丸の内イタリアンでの暑気払い [お散歩、ショッピング、旅行、ドライブ]

東京はようやく梅雨明けしました。
一気に見事な積乱雲の映える青空の真夏日和。今年は梅雨の降水量が少なく水不足が心配です。
おまけに猛暑、烈暑とか、9月中まで残暑が長引くとか、恐ろしい話ばかり耳に入ってきます。
なんとか生きぬかねば。

先日、東京国立博物館の「古代ギリシャ展」に行ってきました。
昔からギリシャ彫刻は大好き。ヨーロッパ美術の源流ですね。
どの作品も見ごたえがあって素晴らしかったです。
「クーロス像」青年の裸体像ですが、うっとりするほど美しい筋肉でした。
特にお尻と太もものラインが美しかった~!これは一見の価値ありです。
「アルテミス像」の清々しい美しさ、衣装のドレープの繊細さ。
パンフの表紙を飾る「漁夫のフレスコ画」も生き生きとしたタッチに心奪われました!
「牛頭型リュトン」も実に細やかな表現でため息が出てしまいました。
そのほかにも素晴らしい作品がたくさん展示されています。いずれも紀元前のものばかり。
古代ギリシャ文明の美意識と高い技術に深く感銘を受けました。
そういえば数年前に開催されたギリシャ展も真夏だったような。
夏とギリシャ彫刻。エーゲ海の紺碧の海と白いコリント様式の神殿のイメージが夏に似合うのでしょうか。

IMG_8353.JPG 

その数日後、姉から暑気払いのお誘いが有り、蕁麻疹も治まったので、いそいそ会食へ。
丸ノ内のイタリアンで、宴会コースでした。
この日も当然暑く、まずはビールでスタート。
プロシュート、プチトマトのカプレーゼ、キッシュ、ゴルゴンゾーラなどのアンティパスタミストから。

IMG_8354.JPG 

夏野菜のフリット

IMG_8355.JPG 

ピッツァマルゲリータ

IMG_8356.JPG 

ホエー豚のロースト

IMG_8357.JPG 

ラザニア

IMG_8358.JPG 

しらすと大葉のぺペロンチーノ

IMG_8359.JPG 

ブラッドオレンジのゼリーとパンナコッタ。

IMG_8360.JPG 

ワインはマルケ州の白、赤。とくに白はフルーティーで美味しかったです♪
なんと魅力的且つ危険な飲み放題でした。

蕁麻疹は治ったものの、まだまだ病み上がりの私。
久しぶりのワインにイタリアンで、つい飲みすぎ、食べ過ぎました~。
一応土用の丑の日です。鰻ではありませんが、スタミナはついたかもしれません。
でも翌日は一日死んでいました~。

皆様も暴飲暴食にはお気を付けくださいませ。

MAYOLICA マヨリカ


鶏胸肉の塩麹とローズマリー風味コンフィ&ポルトガルのマヨリカ [お薦め商品]

最近気に入っているお料理は鶏胸肉のコンフィです。
以前から鶏肉は胸肉が好きで、カレーにもよく使っていました。
一人だとパスタかカレーばかり作って食を繋いでおりましたが、先日原因不明の蕁麻疹になってから、ちょっとカレーはやめておこうかなと。(自家製カレーを食べた日に蕁麻疹発症しました!)
そこでいつもの鶏胸肉をコンフィにしたらとても美味しくでハマってしまいました。
あまりに自己流ですが、簡単にレシピを記しておきます。
ご興味のあるかたは、ご自身で工夫なさってみてくださいね。

IMG_8346.JPG 

鶏胸肉は皮と脂はすべて取り去ってから、肉に切れ目を入れて広げます。
かるく塩胡椒し、自家製塩麹とローズマリーとローリエとともにジップロックにいれて2時間以上マリネします。
蓋つきお鍋でお湯を沸かし、沸騰したら袋ごと鶏胸肉をいれ蓋をして5分ほど煮立たせます。
鶏肉のサイズとお鍋の構造にも寄りますが、私の場合は、火を落とし余熱で2時間ほど調理します。
低温でじっくり熱を通すことでお肉がしっとり柔らかく仕上がるのです。
低燃費で美味しく仕上がるのがコンフィのよいところですね。
鶏胸肉はパサパサしていて苦手という方が多いのですが、コンフィにすると、しっとり仕上がるのでお薦めです。

今回はポルトガルのポルタデモスのプレートがおともです。
温かみのある赤茶と素朴ながらも気品を感じる白いレース紋がお料理を引き立ててくれます。
パンとサラダを一緒にのせてワンプレートランチ。

IMG_8347.JPG 

このコンフィはたっぷり作って、冷蔵庫で保存しておくと便利。
コールドミートとしてそのままいただいても美味しいですが、袋に入れて熱湯の中で温め直してもいいですね。
お好みで塩、胡椒、オリーヴオイルをかけて。

IMG_8349.JPG 

塩麹のうまみとローズマリーの爽やかな香りが鶏肉をより美味しくしてくれます。
お肉もしっとり~。味もよくしみてます。簡単で美味しいのですっかり気に入ってしまいました。
その後もいろいろなバリエーションで楽しんでいます。
塩レモンとメープルシロップまたははちみつでマリネしても美味しいです♡

なんといってもポルトガルのマヨリカのポルタデモスと鶏胸肉のコンフィ、とてもお似合いでした!

IMG_8352.JPG 

MAYOLICA マヨリカ



 


 


房総鋸南のホウボウオブジェ&朝獲れ寿司&冷や甘酒 [お散歩、ショッピング、旅行、ドライブ]

大暑といいつつも急に涼しくなった今日この頃です。
皆様いかがお過ごしですか?
このところ私はずっと東京で、なかなか館山に行くチャンスに恵まれません。
体調不良もあったりで、お出かけもお食事も行かれませんでした~。
そこで果樹園長が東京に帰宅中にちょっと一緒にお出かけしてみました。

とはいっても結局房総。
暑さが苦手な私は本当はもう少し涼しい場所に出かけたかったのですが....。
でもこの時期どこへ行っても混んでいますし、暑い中渋滞に合うくらいなら、アクアラインで短時間で別世界に行ってしまった方が、正解なのですね。
そして今回は鋸南町の漁業組合直営のお店でお寿司を食べたい!という果樹園長の強い希望が。
マールは車中には置いておけないので、お家でお留守番です。
「すぐに帰ってくるから~!」とおやつでマールの気をそらして、出かけてきました。

IMG_8282.JPG 

まずはフェリー漁港のある金谷のショップで休憩。
ここには大好きなホウボウの風見魚?のオブジェがあります。
とても可愛い!初めて見た時に一目ぼれして、ステンレス製の同じスタイルのものを、作者さんから買わせてもらいました。
今その子は館山のLa casa de Marの納屋の中にいます。(可愛そう~!)
早く風見魚として飾ってあげたい。

IMG_8283.JPG 

さていよいよ漁業組合直営食堂へ。
以前はよく来ていました。ネタが獲れたてで新鮮、大きくて、リーズナブルで、本当に美味しかったのです♡
久しぶりですが、やっぱり新鮮でした!どのお魚もとても美味しいです!
カワハギのから揚げもいただきました。
満足しました~♪ごちそう様でした。

IMG_8284.JPG IMG_8286.JPG

お買い物はしませんでしたが、美味しそうだったするめたち。

IMG_8290.JPG

食後は隣接のカフェで挽きたてコーヒーをいただきました。
ここはさきほどご紹介したホウボウのオブジェを製作なさった早川さんというアーティストさんが営むカフェなのです。とても美味しいコーヒーでした。漁港でこのような本格的なコーヒーが味わえるなんて!そういう意外なところも房総の魅力です。
冷や甘酒も追加しました。麹のみで作られた甘酒で、甘すぎず、美味。
暑いときには滋養があっていいですね。
いつもここでは今井俊さんというアーティストさんの木版画のポストカードを買って帰ります。
メキシコやマヤの神話がモチーフで、アルマジロやコヨーテの表情がすごくユニーク。
とても気にいってます。

IMG_8291.JPG 

今回もたくさんゲットしてきました。
ポストカードは書斎に飾っておこうかな。
マール君のようなワンちゃんのイラスト入りの一筆箋も可愛い。

IMG_8294.JPG 

マール君、涼しくなったらまた一緒に行こうね。

IMG_8280.JPG 

MAYOLICA マヨリカ

 

 


 


ミニプラムのコンフィチュールとポルトガルのマヨリカ [お薦め商品]

先日館山の知人から小さなミニプラム(名前がわかりません~!)をたくさんいただきました。
可愛らしくて色もきれい!充分熟していたので食べてみましたが、そのままではちょっとお味が淡白でした。何かに活かせないかと思案....。
vnori様のブログでプラムのコンフィチュールが紹介されており、これはぜひ試してみたいと思いました。

IMG_8266.JPG 

そこでミニプラムをコンフィチュールにしてみました。
素朴な甘さに仕上げたくて、三温糖を使用。お砂糖の量はお好みで。
お鍋によく洗ったプラムと三温糖をいれて、弱火でじっくり加熱します。
約2時間ほどでとろとろに。
仕上げにカミユを大さじ1。いい香りがしてきました~♪

IMG_8267.JPG 

煮沸消毒したジャムの瓶につめて冷蔵保存です。
翌日、早速ヨーグルトにとともいただきました♡
自家製ミントを添えて清涼感のある香も楽しみます。
酸味が少なく、プラムの爽やかな甘さとちょっぴり苦みが魅力。
三温糖の優しい甘さも似合いました。はちみつもいいかもしれません。
なんといってもルビーのような真紅が本当に美しい!

IMG_8276.JPG

IMG_8275.JPG IMG_8274.JPG

おともはいつもポルトガル17世紀スタイルのミニボウル。
ピンクの縁でコンフィチュールの色にマッチしています。
ボウルの外側に描かれた小鳥の絵付けがなんとも楽しそう♪
好物のプラムに大喜びしているかのようですね。 

IMG_8273.JPG 

コンフィチュールをいれた器はリチャード・ジノリのアンティックローズのソース入れ。
優しいピンクがプラムの赤によく似合いますね。

IMG_8277.JPG 

美味しそうな匂いと大好きなヨーグルトにつられて、マール君登場。
撮影後、ヨーグルトだけおすそ分けしました。本当はコンフィチュ―ルも欲しかったかな?

IMG_8272.JPG

P.S. vnori様、素敵なアイディアをどうもありがとうございます♪

MAYOLICA マヨリカ


やまゆり [ガーデニング、花、グリーン、植物]

7月15日の夜、送り火をしてお盆も終わりました。
牛さん馬さんお疲れ様でした。

お盆の入りの日に果樹園長が館山La casa de Marから摘んできやまゆり。
毎年この時期になると野生のやまゆりがばんばん咲き始めます。
私はこのちょっと野性味のある華やかなゆりが大好きです。
でも果樹園長はやまゆりの匂いが苦手のよう。
たしかにこの量で見事に咲き誇ると、香も強烈ですね。

IMG_8254.JPG 

おそらく短い時間のこと。少し我慢してくださいね。

IMG_8257.JPG 

MAYOLICA マヨリカ


夏の別邸 [わんこ&にゃんこ]

毎年この時期になると、夏の別邸へ移動するマール君。
2階の廊下の隅に置かれたコーヒーテーブルの下が涼しくてお気に入り。
冷え冷えボードも気持ちいいのだ!

IMG_8261.JPG 

しばらく涼を取って、体が冷えてくると、自分のお部屋に帰っていきます。
そしてまた暑くなってくると、この夏の別邸に戻ります。
そんな風に一日の間にあちらこちらへ移動しています。

IMG_8262.JPG 

東京はまだ梅雨明けせず、湿度が高くて不快な毎日。
皆様、体調管理を万全に!
ところで、私の蕁麻疹はようやく落ち着いたようです。皆様ご心配をおかけいたしました。
検査の結果、今回調べた食品のアレルギー反応はほとんどありませんでした!よかった~!(しかし、他の食品は分かりません!)
そしてやはり、杉とヒノキのアレルギー反応は高かったのであります。
若い時よりはよくなっていると思ったのですが、数値を見てしまうと、怖い気もします。
これからも気を付けます。

たくさんあったソルダムもあとわずかとなりました。みずみずしくて美味しかった~♪
自然の恵みに感謝です。来年も成るといいのですが。

IMG_8252.JPG 

MAYOLICA マヨリカ


お盆のアイスバーグ [ガーデニング、花、グリーン、植物]

7月13日、お盆ですね。
私はお盆が大好きです。お盆には必ず岐阜提灯を用意して、迎え火と送り火を焚きます。
もちろん仏壇と父のミニ祭壇にはお花とフルーツと牛馬は欠かせません。
以前はお盆セットを用意し、結構しっかりディスプレイしていたものですが、ここ数年は自己流でシンプルになりました。
でも御先祖様をお迎えする気持ちは一緒です。
クリスマスやハロウィーンのディスプレイも楽しいですが、お盆の装いもいいものですよ。

マヨリカガーデンのアイスバーグは、切り戻しで、また開花し始めました。
春より小ぶりですが、甘く優しい香が漂います。
お盆用に少し生けようかと思います。

IMG_8246.JPG IMG_8247.JPG

今夜は迎え火です。

IMG_8244.JPG 

MAYOLICA マヨリカ



 


ソルダムとワンちゃんのマヨリカ [お薦め商品]

先日館山から収穫してきたソルダム。

IMG_8227.JPG 

最初はきれいなグリーンだったのが、連日の暑さであれよあれよという間に赤く熟してしまいました。
ご近所、母、姉に、配っても、あまりに数が多く、どんどん熟してしまいます~。
毎日、真っ赤に熟して柔らかくなったものを頑張って食べています。
よく熟したソルダムは、甘くてみずみずしくてとても美味しいですね♪

今日はポルトガルのワンちゃんのマヨリカでいただくことに。

この小皿、もちろん手描きなので、わんこの顔や色や中に描かれている絵付けもみんな異なります。
どの子が一番ソルダムに似合うかな?といろいろ並べていたら.....。(ぶたさんもいます。)
例によってマール君が興味しんしんでテーブルに乗ってきました。どうやら参加したいようです。

IMG_8243.JPG 

「どれどれ...ふ~む...」

IMG_8241.JPG 

「ねえ、僕にも選ばせてよ。」

IMG_8240.JPG 

「ぼくはこの子がいいな。」

IMG_8229.JPG 

ふむ、そうですね。可愛いお顔をしています。絵付けはお花。
明るい黄色がソルダムの赤をさらに鮮やかに演出してくれますね。

IMG_8230.JPG IMG_8231.JPG

こちらの美味しそうな桃の絵付けのワンちゃんはグレーでちょっと眠たそう。
でもソルダムをのせたら、絵付けとフルーツがコラボして、ほら、楽しいです♪

IMG_8232.JPG IMG_8233.JPG

器ひとつで小さな喜びが倍増。とても楽しくなりました。
マヨリカのある生活、やっぱりいいものですね。気持ちが明るくなりました。

鬱陶しい季節がまだまだ続きます。
皆様、お体にどうぞお気を付けくださいませ。

MAYOLICA マヨリカ


蕁麻疹とソルダム [ガーデニング、花、グリーン、植物]

先週初めから体調を崩してしまいました。
この季節になぜか風邪をひき、金曜日の夜に突然の蕁麻疹。
日ごろ健康なので蕁麻疹という現象がわかりません。最初はあせもかな?と思って、かゆみ止めを塗ってみましたが、効果がなく、かゆみと腫れはとうとうほぼ全身に。
おまけに唇や瞼まで腫れてきてしまい、さすがにこれはただのあせもではない!と判断。
でもとにかく朝まで待って土曜日に診療してくれる皮膚科に行くことにして、その日は痒みを我慢して過ごしました。
翌日下調べした総合病院に朝一番で行くも、皮膚科は土曜日の診療がないといわれ、近所に見てくれるところはないか?と尋ねましたが、結局何一つ情報ももらえず.....。
とにかくこのままではいけないと、家に帰ってから再びパソコンで検索し、今度は土曜日もきちんと診療しているか電話で確認してからでかけることにしました。
貴重な土曜日診療と婦人科も兼ねていることもありそのクリニックは患者さんで超満員。
どうにか順番待ちをして診てもらいました。やはり蕁麻疹のようでした。
昨夜の症状を離したらアナフィラキーショックを起こすこともあるので、腫れが唇にまででたら至急、救急医療に行くべきと言われてしまいました。食べもののアレルギーの検査のための採血と蕁麻疹を鎮める薬の投与をしますといわれ、通された処置室。若い女性が私の名前を3回も間違えて呼び、(その時点でいやな予感)「ではちくっとしますよ~。」といいながら彼女は私の血管も出さずにそのままぶすっと針を刺したのです!「嘘っ!」と思いましたよ。「あ、、やり直します~。」と抜いたら血が噴出し.....。もちろん、すぐに看護師さんを変えてもらいました。ついていない私です。
数日安静にしてようやく少し腫れは治まりましたが、暑くなってくるとまたあちこちが赤く腫れて痒くなってきます。
しばらくこんな状態でしょうか?ぐったりしています。

病院に行った翌日、果樹園長が館山から帰ってきました。
まったく肝心なときにいつもいないのです。
でもたくさんのみずみずしいソルダムをみたら、少し気分が晴れてきました。
La casa de Marにあるソルダムの収穫です。今年は豊作らしい。

IMG_8226.JPG

IMG_8227.JPG

MAYOLICA マヨリカ


 


ドライフラワー&ポプリ [ガーデニング、花、グリーン、植物]

5月のバースデイプレゼントでもらったブーケとバラたち。
充分に楽しみました~♡どうもありがとう!
その後、バラと赤い実はドライフラワーにしました。
風通しのよいところに逆さにしてさげておくだけです。
梅雨時にはあまり似つかわしくない光景ではありますが....。

IMG_8223.JPG IMG_8222.JPG

IMG_8225.JPG

落ちてしまった花びらも拾い集めてドライに。
天然ハーブのエッセンシャルオイルを垂らして香をつけてポプリにしました。
バラのエッセンシャルオイルは切らしていていたので、ラヴェンダーとタンジェリンをブレンド。
爽やかながらも心が落ち着く安らぎの香りです。
カマンベールチーズの箱が可愛らしくて捨てられず、軽く拭いて乾かしておいたものを入れものにしました。
もちろんポプリを入れる前に匂いチェック!チーズの匂いはしませんでしたのでOK。

IMG_8221.JPG 

いい香りがします。
このところ風邪をひき、気持ちもずっと滅入っているので、優しいアロマが癒しになります。

鬱陶しい季節が続き、地域によっては大雨の災害、世界でもいろいろ事件がおきて、ますます不安で憂鬱になってしまいますね。
少しでも穏やかに平常心を保ちたい一心です。
皆様もお体にお気を付け下さいませ。

MAYOLICA マヨリカ

 


メッセージを送る