So-net無料ブログ作成

ブルーベリーとポルトガルのマヨリカ [お薦め商品]

我が家のブルーベリーも少しずつ熟し始めました。
先日大きく熟していた実を、恐らくは小鳥さんに食べられしまったので、毎日観察を怠りません。
本当に僅かな変化ですが、ブルーベリーの実は日々大きくなり色も深い紫色になってきます。
ひとつひとつチェックして、これはもういいかな?でも早いと甘くないし。待っているとまた小鳥に食べられそうだし....などと、収穫の判断が難しいです。

ようやく決意して今年初めての収穫。
笑えるくらいちょっぴりですが、毎日少しずつ熟したものから収穫していきます。
収穫された貴重な実は、登場のシーンがやってくるまで、冷凍しておきます。

IMG_8214.JPG 

お供はポルトガル、アレンテージョ地方の魚の形の小皿。
手描きなので魚の表情や色彩、絵付けが皆違います。
小さいからブルーベリーの実にはちょうどいいかな?
この魚皿には美味しそうなサクランボの絵付けが。
よし、今度はサクランボものせてみましょう!

IMG_8213.JPG 

遠巻きに様子をうかがっていたマール君。

IMG_8216.JPG 

好奇心満々、我慢しきれずテーブルにとび乗ってきました。
こら~!お行儀が悪い!大変失礼いたしました。この後すぐに降りました。

IMG_8218.JPG IMG_8217.JPG

MAYOLICA マヨリカ


Marのサマーカット2016 [わんこ&にゃんこ]

ついに今年もやってしまいました。
マールのサマーカットです。

IMG_8210.JPG 

毎年同じサロンへ行くのですが、その都度違うトリマーさんなので、仕上がり具合が異なります。
今年は妙にすっきり。かなり短くカットしてもらったようです。別の犬種の子犬ちゃんみたい。
尻尾だけは立派なフラッグがお気に入りなのでそのままにしてもらいました。
なんだかバランスが悪くて、怪しい珍獣になってしまいました~!
撫で心地も慣れないせいか、いつものマールではないみたいです。

IMG_8198.JPG IMG_8201.JPG

でも、やっぱり涼しいらしく、快適そう。
今年も猛暑のようですから。

IMG_8204.JPG 

秋にはまたもとのようにロングになるのか、ちょっと心配です。

MAYOLICA マヨリカ


2016年 オリーブの結実 [ガーデニング、花、グリーン、植物]

今年はうれしいことにオリーヴがよく結実しています。
無事に大きく育ってくれるといいな。
昨年は大好物のオリーヴの塩漬けが出来ませんでしたから。
今年こそは!

IMG_8188.JPG 

これからサマーカットに行ってきます。

IMG_8172.JPG 

MAYOLICA マヨリカ


本日のマヨリカランチ 自家製そら豆と筍のオリーブオイル漬け添えボロネーゼ [お料理、飲み物]

少し前のマヨリカランチ&ティータイムです。

そら豆の収穫を心から堪能しております♪
いろいろないただき方がありますが、私はやっぱりそのまま茹でてていただくのが一番好き。
この頃は在庫?がたっぷりあって昼夜を問わずそら豆三昧。
そしてそら豆の新たな料理も発見!それはまた後日ご報告いたしますね。
今回のマヨリカランチはシェリー酒たっぷりのボロネーゼ&茹でたてそら豆。
ボロネーゼには先日作った筍のオリーヴオイル漬けをトッピングしました。美味しかったです。

IMG_8115.JPG 

マール君もそら豆が大好きです。

IMG_8173.JPG 

午後は腹ごなしに池上本門寺までお散歩に行きました。
お気に入りのカフェでティータイム!
このカフェはお寺の中にあるのですが、テラス席ならワンちゃんOK。
マールが一緒の時はよく利用します。
ゴージャスなプレートは甘党の果樹園長のオーダーです。
道明寺、わらび餅、紅茶のムース、苺、キウイの生クリーム添え&緑茶。
一人で食すには量が多すぎ!と言って強制的に紅茶のムースをおすそわけしてもらいました~。
甘かったけど美味しかったです~♪

IMG_8117.JPG 

たまにはこんなのんびりした午後もいいですね。

まだまだ鬱陶しい季節が続きます。
涼しいと思いきや、急に真夏日になったりと、まったく油断できない気候ですね。
皆様、どうかお体にお気を付けくださいませ。

MAYOLICA マヨリカ


ブルーベリー摘み [ガーデニング、花、グリーン、植物]

先日リサーチも兼ねてブルーベリー農園に行ってきました。
私は個人的には紫陽花の美しいお気に入りの牧場でジンギスカン♡希望だったのですが、
我が家の果樹園長が「ブルーベリーを摘みに行こう!」と突然提案。(いつもだいたい突然。)
でも、この時期に関東で開園しているブルーベリー農園はほとんどないのです。
ようやく東京の郊外に一か所だけ開園しているところを見つけ、早速連絡して伺うことに。

このあたりのブルーベリー農園で6月中旬に開園するところはめずらしいのです。
ちゃんと熟しているのでしょうか?しかもこちらも前日に開園したばっかり!

IMG_8178.JPG 

心配をよそに、早生のノーザンハイブッシュ系の大きな実がたくさん実っていました。
オーナーさんが、大きくて熟している実だけを収穫するように教えてくださいました。
よさそうな実を探しながら摘んでいく作業は、楽しくてつい夢中になってしまいます。
でも渡されたバスケットに500g以上摘まなくてはならないのですが、500gは結構量が多い!
結局二人合わせてようやく1.2kgくらいでしょうか?たっぷりです~♪
帰りに母のところに寄り、おすそ分けしました。

IMG_8182.JPG 

新鮮なブルーベリーは本当に美味しいですね!
冷凍してもシャーベットのようでまた美味しいです!
たくさんあるので、あまり熟していない実はその日の夕食の和牛ステーキのソースにしました。
お肉を焼いたあとのフライパンに赤ワインとブルーベリーを入れ、塩、胡椒、隠し味に醤油少々、そして決め手はメイプルシロップ!甘酸っぱくて濃厚なソースになりました。
お肉とブルーベリーはよく似合いますね!これはハマりそうです。
もちろんそのまま食べても美味しいです♪

IMG_8184.JPG

我が家のラビットアイ系ホームベル。
大きくてよく熟した実があったのに今朝チェックしたら、ない!!!
小鳥さんに食べられちゃったのでしょうか?
残念!でもまあいいか。小鳥さん美味しかった?

IMG_8175.JPG IMG_8174.JPG

「む...?なんだ?」byマール

IMG_8183.JPG

ブルーベリーが大好きなマール君、ねらってます。

IMG_8186.JPG

MAYOLICA マヨリカ


動物の生き方、人間の生き方 [わんこ&にゃんこ]

マールの平和なお昼寝タイム。

IMG_8054.JPG 

こういう寝顔をみていると日々のいろいろ煩雑なことやストレスを一瞬忘れます。
そして努力次第でどうにでも生きられる人間としての自分が、些細なことで悩んだり悔やんだりすることの傲慢さをつくづく感じてしまいます。(もちろんそういう自由な環境下でない人たちもいますが。)
動物たちは彼らがおかれる環境や健康状態がいかなるものでも、それを受け入れじっと耐えています。人間のように焦ってじたばたしない。なんという潔い生き方。
本当は彼らだって「こうしたい、ああしたい、ここはいや、あそこに行きたい、あれ食べたいetc,etc,」いろいろあるでしょう。でも黙って静かに自分の境遇を受け入れています。すごいです。
だからこそ、できるかぎり、平和で朗らかで自由な満ち足りた時間を生きてほしい。

館山に行くと、野生の動物がとても身近で、私たち人間の生活圏に入ってきてしまうものもいます。
都会に住んでいたら考えられない思わぬ遭遇も結構あります。
東京の人間には珍しい面白おかしいできごとでも、里山では日常茶飯事。ましてや農作物が荒らされたりしたら.....。当然野生動物に対する考え方がちがうのです。

もともとそこに生息しているのに人間にとっては害獣で駆除の対象になってしまう動物たち。
人間のための愛玩動物として生まれても引き取り手がいなくて殺傷処分になってしまう子たち。
いろいろありますね。矛盾もいっぱい。

最近、身近でちょっとした事件があり、人間社会に影響されてしまう動物の生き方を考えてしまいます。
動物も人間も皆が平和に共存できる道はないものでしょうか。

MAYOLICA マヨリカ


壊れたにんにく壷の使い方 [いろいろなマヨリカたち]

先日バースデイプレゼントでいただいたブーケ。

IMG_8129.JPG 

1週間以上楽しみました。バラはただ今ドライフラワー作成中。
美しいワインレッドの葉と、可愛い赤い実は、まだまだ元気です。
そこで、蓋が壊れ縁も欠けているにんにく壷をフラワーベースの代わりにして生けました。
にんにく壷なので空気穴があいていますが、そこがちょっとポップな透かし飾りのようで可愛いです。

IMG_8171.JPG 

傷だらけのマヨリカだってまだまだ楽しめます。
この子は普段はキッチンで小さなダストボックスとして活躍中。サイズがちょうどいいのです。
ときおり花瓶に変身。ますます愛着がわいてきます。

MAYOLICA マヨリカ


 


梅酒&梅シロップ2016 [お料理、飲み物]

今年は数年ぶりに館山のLa Casa de Marの梅の実がなりました。
2012年に収穫した時は梅の樹はみんな元気だったのに、翌年我が家の果樹園長が強制剪定を行ってからはほとんど実らなくなってしまったのです~!
毎年梅干しを作るのをとても楽しみにしていた私は、もう残念で.....。
それでも2012年と2013年は大量の梅の実が収穫できたので、梅酒、梅干し、梅サワー、梅シロップ、梅ジャムといろいろチャレンジしてきました。
昨年は少量でしたが収穫できたので梅酒だけ作りました。
でも実は私たち梅酒は飲まないのです!
飲まないのになぜ作るのでしょう?ひとえに果樹園長の希望です。この方、まったくアルコールが飲めないのになぜか梅酒にこだわります。不思議ですよね~。このままとっておいたらヴィンテージ梅酒にでもなるのでしょうか?

いつもブチブチがあって、決してきれいではない我が家の梅の実たち。
でも私にとっては宝物。

IMG_8138.JPG 

今年は一回目の収穫で梅酒と梅シロップを作りました。

IMG_8168.JPG IMG_8169.JPG

その際に2012年の梅サワー(梅のりんご酢漬けのこと)を怖々飲んでみることに....。
私はお酢が苦手なのです。でも体に良いよいと聞き、試しに作ってみました。
う~ん!やっぱりすっぱい~!でも梅の実は分けてはちみつを足しておいたのでほのかに甘くて美味しいです!クエン酸は疲労回復や夏バテ防止によいそうですね。暑くなったらちびちびいただくことにしましょう。
梅シロップは過去何度か作って美味しくてあっという間に消費したので、今年は多めに作ってみました。今回はきび砂糖にしてみましたよ~。10日ほどで飲みごろになるので今から楽しみ♡
梅酒はまた静かに何年も眠ることになるでしょう。

IMG_8170.JPG 

今週果樹園長が東京に帰ってくるときに、また梅の実を収穫してくる予定です。
ほどよく熟していたら、今度は大好きな梅干しを作ります。わくわく♪

MAYOLICA マヨリカ


谷根千歩きとオリーブ塩&ライム塩 [お散歩、ショッピング、旅行、ドライブ]

前回の続きです。
姉が私のバースデイのお祝いをしてくれるというので、二人で上野でランチをすることに。
大好きなバールで美味しいカヴァとパエリャのランチをごちそうになりました。
ここのお店のパエリャは美味しいのです♡
壁にはMAYOLICAの絵皿がたくさん飾られていて、いつも見ているだけでもうれしくなってしまいます。マヨリカに囲まれて気分は南欧。美しい絵皿を見ると幸せな気持ちになります。
お料理もとっても美味しかったです。
ごちそうさまでした。

IMG_8140.JPG

IMG_8141.JPG

IMG_8143.JPG

東京藝術大学の「バーミヤン天井壁画展」を堪能した後、谷中方面へ。
以前、MAYOLICAのメンバーとぶらぶらして発見したお店に、どうしてももう一度行きたかったのです。
懐かしい昭和の民家にビアホールとべーカリーと塩とオリーブオイルのお店が入っています。
このあたりはこうして古い家屋をお店にしたり、ギャラリーにしたり、雑貨屋にしたりと、ユニークな建物が多く、なかなか興味深いエリアなのです。

IMG_8154.JPG 

ビアホールはあいにく混んでいたので次回にして、まずはベーカリー。好みのタイプのバゲットがあり、即購入。これはきっと美味しいに違いない!食いしん坊の予感が働きます。 
そして念願のお塩とオリーブオイルのお店。
こちらは商品をいろいろ試食させて下さり、お気に入りを選ぶことができるのです。
今回は季節柄、ヴィネガーと塩とオイルをその場でブレンドしての試食。
レモングラスが香る爽やかなタイプやデーツの甘さがフルーティーなタイプや、どれもこれも美味しいです。サラダやお肉、魚料理にちょっとかけるだけでワンランクアップ!間違いなしですね。
姉は早速デーツのヴィネガーとナッツとハーブがブレンドされた塩を。
私は、前回も購入して美味しかったライム塩、そして今回試食して気にいったオリーブ塩に決めました。

IMG_8155.JPG IMG_8156.JPG

IMG_8157.JPG

その後も二人で可愛い雑貨屋さんをのぞきながら、ぶらぶらと街歩きを楽しみました。
招き猫の専門店は猫好きな方には喜ばれそう。私の大好きな千代紙の「いせ辰」もあります。
食いしん坊の姉は昔ながらのお菓子屋さんで目敏くお買い得のシフォンケーキとマドレーヌを発見。私もつられて購入!とても素朴な味で美味しかったです。特にシフォンケーキはふわふわで絶品でした。また食べたい~♡
谷根千はこうした楽しいお店をのぞきながら、情緒たっぷりな佇まいの建物や静かな小道をゆっくりと散策したい街ですね。
上野に戻り、穴場のカフェでビールを飲んで帰りました。相変わらずオヤジな姉妹です。
充実した一日でした。

自分にご褒美のオリーブ塩、ライム塩、どちらも美味~♡
お肉や魚のグリルやオリーヴオイルにひとふりしてパンや野菜につけてもいいですね。
バゲットも予感通りの美味しさでした。

IMG_8165.JPG

MAYOLICA マヨリカ


SOS in Afghanistan バーミヤン大仏天井壁画展 [アート]

東京藝術大学で開催されている「バーミヤン大仏天井壁画展」に行ってきました。

アフガニスタンの内戦で海外に流出した文化財と、タリバンによって破壊されてしまったバーミヤン東大仏の天蓋の「天翔る太陽神」の原寸大復元の展示です。
GWあたりから気になっていて、先日たまたま伺ったところ、あいにくその日は特別内覧会の日でした。会が始まるまでならOKと許可をもらい、一部だけ拝見させていただきましたが、これはまた訪れてじっくり見なくては!と思いました。今回は再訪問です。

少量ながらも素晴らしい内容でした。
ギリシャ美術の影響を受けた美しい顔立ちの仏頭、レリーフ、壁画の数々。

IMG_8151.JPG IMG_8150.JPG

IMG_8149.JPG

中でも圧巻は東大仏の天蓋を飾っていた天井壁画の復元画。
故平山郁夫画伯がアフガニスタンの文化財保護を訴え、流出文化財を「文化財難民」としての保護、保管活動を始めました。今回のプロジェクトもその一環です。東京国立博物館で開催される「黄金のアフガニスタン」展と合わせて開催されています。

IMG_8145.JPG 

4頭立てのペガサスの馬車に乗って青い天空を翔る太陽神。
美しい空の青はラピスラズリを砕いた岩絵の具の顔料。どこまでも碧い美しさにため息がでます。
この太陽神はゾロアスター教の神様ですが、ギリシャ神話の女神ニケとアテネ、日本でもよく知られている風神、ヤタ烏、仏陀など、実に様々なモチーフ達とともに描かれています。
シルクロードの民たちは交易により多様な国々の影響を受け、異国の宗教や文化を大らかに受け入れてきたのでしょうね。

IMG_8146.JPG IMG_8147.JPG

こうした復元には多くの研究と高度な技術と大変な努力と熱意があってのこと。
保護された「文化財難民」の母国帰還とともにこの天井壁画も現地に復元されたらどんなに素敵なことでしょう。

戦争やテロは何の罪もない人々の命や生活のみならず、かけがえのない文化遺産まで全て破壊し、奪ってしまいます。
でも人々の信仰と思いと情熱は決して失われません。
今回の展示を拝見し、あらためて実感しました。

MAYOLICA マヨリカ

 


メッセージを送る